蓬の歌を聴きながら

曹植とその周辺の人々の作品です。素人解釈なので誤字脱字誤訳などお気づきの点はコメントいただけると嬉しいです。m(。・ω・。)m

Category [曹丕集 ] 記事一覧

スポンサーサイト

曹丕『曹植貶封安郷侯詔』 

植,朕之同母弟。朕于天下無所不容,而況植乎?骨肉之親,舍而不誅,其改封植。曹植貶封安郷侯詔…全三国文では改封曹植爲安郷侯詔黄初2年(221年)監国謁者の灌均は曹植が酒に酔って使者を脅迫したことを上奏。曹丕は曹植を処罰しようとしたが、母・卞太后のとりなしもあり、曹植を安郷侯に格下げした。朕…曹丕のこと。舍…赦。許す。誅…死罪にする。罰する。植は私と母を同じくする。私は天下におけるあらゆるものに寛容である。植...

登臺賦 曹丕

建安十七年春、上遊西園,登銅雀臺,命余兄弟並作。其詞曰:登高臺以騁望,好靈雀之麗嫻。飛閣崛其特起,層樓儼以承天。歩逍遙以容與,聊遊目于西山。溪谷紆以交錯,草木郁其相連。風飄飄而吹衣,鳥飛鳴而過前。申躊躇以周覽,臨城隅之通川。上…曹操。原本に記述はない。騁望…遠くを見渡す。靈雀…銅雀台上の銅雀の像。麗嫻…優美なさま。飛閣…楼閣同士の橋渡しのために作られた回廊。儼…整然としている。承天…天にも届くほどの。紆…...

曹丕『芙蓉池』

乗輦夜行游  逍遥歩西園  双渠相漑灌  嘉木繞通川  卑枝拂羽蓋  脩条摩蒼天  驚風扶輪轂  飛鳥翔我前 丹霞挟明月  華星出雲間 上天垂光彩  五色一何鮮 寿命非松喬  誰能得神仙 遨游快心意  保己終百年芙蓉…蓮の花。輦…人がひいて動かす車。人力車みたいな作り。人が乗る部分は輿みたいに屋根と窓がついている。秦漢代には帝王や君主が乗る車を指す。行游…遊覧に出かける。逍遥…気ままに歩き回る。西園…黄節の注...

曹丕『答繁欽書』

曹丕『答繁欽書』繁欽…(?~建安23年(218年)。字は休伯。潁川(許昌)の人。曹操の主簿となる。詩賦に優れる。繁欽は建安16年正月8日に曹丕に『與魏文帝箋』を送っています。曹丕がそれを建安17年正月に手紙を受け取った後、この『答繁欽書』で返事を書いています。披書歡笑,不能自勝,奇才妙伎,何其善也。お手紙を拝見し笑いが止まりません。とてもすばらしい妙技ですね。頃守宮士孫世有女曰瑣,年始九歲,夢與神通,以前門番の...

曹丕『夏日詩』

夏時饒溫和。避暑就清涼。夏は太陽がギラギラ。暑さを避けて涼しいところへ。比坐高閣下。延賓作名倡。親友と高台にならんで座り。妓女の歌舞を披露する。弦歌隨風厲。吐羽含征商。歌声は風にのって。優美な旋律が響く。嘉肴重疊來。珍果在一傍。食事や酒が次々と運ばれて。珍しい果物も並んでいる。棊局縱橫陳。博奕合雙揚。皆で囲碁や双六に興じる。巧拙更勝負。歡美樂人腸。勝ち負けなど気にせずに、楽しくすごそう。從朝至日夕...

曹丕『浮淮賦』

建安13年(208年)赤壁で曹操は孫権と劉備に敗れます。翌年3月譙に引き返し水軍を立て直します。7月に曹操は合肥に進軍。それに曹丕も同行しています。この賦はその時に作られたとされます。建安十四年,王師自譙東征,大興水運,泛舟萬艘。時余從行,始入淮口,行洎東山,睹師徒,觀旌帆,赫哉盛矣,雖孝武盛唐之狩,舳艫千里,殆不過也。乃作斯賦云。建安14年(209年)、父の軍は譙を出発し、孫権を征伐に向かった。大水軍が河を渡っ...

曹丕 『武帝哀策文』

曹丕 『武帝哀策文』痛神曜之幽潜,哀鼎俎之虚置。舒皇德而詠思,遂腷臆以莅事。矧乃小子,夙遭不造,煢煢在疚。嗚呼皇考,産我曷晚,棄我曷早?群臣子輔,奪我哀願,猥抑奔墓,俯就權變。卜葬既從,大隧既通。漫漫長夜,窈窈玄宮。有晦無明,曷有所窮。鹵簿既整,三官駢羅。前駆建旗,方相執戈,棄此宮庭,陟彼山阿。【注釈】哀策:文体の一種。帝王や后妃の生前の徳を称えた文章。玉石や木簡、竹簡に書かれ、太史令によって読ま...

艶歌何嘗行

『艶歌何嘗行』何嘗快獨無憂?但當飲醇酒,炙肥牛。長兄為二千石,中兄被貂裘。小弟雖無官爵,鞍馬馺馺,往來王侯長者遊。但當在王侯殿上,快獨樗蒲六博,坐對彈碁。男兒居世,各當努力。蹙迫日暮,殊不久留。少小相觸抵,寒苦常相隨。忿恚安足爭?吾中道與卿共別離。約身奉事君,禮節不可虧。上慚倉浪之天,下顧黃口小兒。奈何復老心皇皇,獨悲誰能知?【注釈】嘗…かつて。今までに。快獨…とても楽しい。但當…ひたすら。醇酒…美酒...

曹丕『十五』

『十五』登山而遠望,谿谷多所有。楩楠千餘尺,眾草芝盛茂。華葉耀人目,五色難可紀。雉雊山雞鳴,虎嘯谷風起。號羆當我道,狂顧動牙齒。【注釈】十五…楽府旧題。『楽府詩集』の一種『相和歌辞』に属する。漢代楽府『十五従軍征』(過酷な兵役を嘆いたもの)を擬したとされる。谿谷…渓谷。千餘尺…後漢時代の1尺は約23cm。華…花。花びらと葉がまぶしく輝いている様子。五色…いろいろな色。難可紀…草木が生い茂り、鮮やかで目を奪わ...

曹丕『孟津詩』

良辰啟初節,高會構歡娛。通天拂景雲,俯臨四達衢。羽爵浮象樽,珍膳盈豆區。清歌發妙曲,樂正奏笙竽。曜靈忽西邁,炎燭繼望舒。翊日浮黃河,長驅旋鄴都。【注釈】良辰:美しいひととき、時期。初節:年の始め。元日。ここでは季節の初めの春ごろ。啟:開始。高會:宴会。通天:満天。拂:掠める。四達衢:四通八達行きかう道。羽爵:酒盃。象樽:酒器の名。これっぽい。 http://www.nipic.com/show/1/24/4e487687c207c965.html珍...

左サイドMenu

プロフィール

珍珠晶素

Author:珍珠晶素
メールはこちら
tsaochih★hotmail.co.jp
★→@

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

応援中

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。