蓬の歌を聴きながら

曹植とその周辺の人々の作品です。素人解釈なので誤字脱字誤訳などお気づきの点はコメントいただけると嬉しいです。m(。・ω・。)m

Category [曹植楽府 ] 記事一覧

スポンサーサイト

鰕(魚旦)篇  かせんへん

『鰕(魚旦)篇  かせんへん』鰕(魚旦)游潢潦不知江海流 燕雀戯藩柴安識鴻鵠游 世士此誠明大徳固無儔 駕言登五嶽然後小陵丘 俯観上路人勢利惟是謀 雠高念皇家遠懐柔九州 撫剣而雷音猛気縦横浮 汎泊彼嗷嗷誰知壮士憂どじょうは水溜りに泳いでいるから川や海の流れや様子がわからない。燕や雀は垣根に戯れているから、大きい鳥の遊びを知らない。大徳の人は類まれでそういう人たちだけが崇高な道徳観を持っている。これは...

豫章行

豫章行=楽府旧題。楽府詩集《相和歌・清調曲》(一)窮達難豫図,禍福信亦然。虞舜不逢尭,耕耘処中田。太公未遭文,漁釣終渭川。不見魯孔丘,窮困陳蔡間。周公下白屋,天下称其賢。【注釈】窮達=困難であることと名声が高く有望であること。豫図=予想する。信=確実。然=そのとおりである。(ここでは予想しがたい)虞舜不逢尭,耕耘処中田=虞舜がかつて歴山で畑を耕し、雷澤で釣りをし、川辺で陶器を作っていた。尭が彼を見...

升天行

升天行(一)乘蹻追術士,遠之蓬萊山。靈液飛素波,蘭桂上參天。玄豹游其下,翔鵾戲其嶺。乘風忽登舉,彷彿見眾仙。乘蹻:空を飛ぶことができる道教の仙術。蹻は草鞋。術士:方術を使う士。左慈、于吉ら。靈液:神の水。玉膏。伝説上の仙薬。玄豹:黒豹。伝説上の猛獣。鵾:白鳥に似た大きな鳥。鳳凰とも。登:空へと高く昇る。(二)扶桑之所出,乃在朝陽谿。中心陵蒼昊,布葉蓋天涯。日出登東榦,既夕沒西枝。願得紆陽轡,回日使...

鼙舞歌五首~孟冬篇

【孟冬篇】・・・鼙舞歌。楽府旧題。鼙舞とは古代の舞踊の一種で手に鼙を持って舞い歌う。鼙は軍中で使われる小鼓。漢代には5首の鼙舞歌があったが、曹植はそれを元に『聖皇篇』『霊芝篇』『大魏篇』『精微篇』『孟冬篇』を作った。 【孟冬篇】孟冬十月。陰氣厲清。武官誡田。講旅統兵。元龜襲吉。元光著明。蚩尤蹕路。風弭雨停。乘輿啟行。鸞鳴幽軋。虎賁采騎。飛象珥鶡。鐘鼓鏗鏘。簫管嘈喝。萬騎齊鑣。千乘等蓋。夷山填谷。平...

種葛篇

『種葛篇』種葛南山下,葛蔂自成陰。與君初婚時,結髮恩義深。歡愛在枕席,宿昔同衣衾。窃慕《棠棣》篇,好樂和瑟琴。行年將晚暮,佳人懷異心。恩紀曠不接,我情遂抑沈。出門當何顧,徘徊步北林。下有交頸獸,仰見雙棲禽。攀枝長歎息,淚下沾羅襟。良馬知我悲,延頸代我吟。昔為同池魚,今為商與參。往古皆歡遇,我獨困於今。棄置委天命,悠悠安可任。種葛篇:楽府詩。雑曲歌辞。楽府は既存の作品をアレンジさせているものが多いが...

鼙舞歌五首~靈芝篇

[閉じる]『鼙舞歌五首~靈芝篇』靈芝生玉地。朱草被洛濱。榮華相晃耀。光采曄若神。古時有虞舜。父母頑且嚚。盡孝于田壟。烝烝不違仁。伯瑜年七十。彩衣以娛親。慈母笞不痛。歔欷涕沾巾。丁蘭少失母。自傷早孤煢。刻木當嚴親。朝夕致三牲。暴子見陵悔。犯罪以亡形。丈人為泣血。免戾全其名。董永遭家貧。父老財無遺。舉假以供養。傭作致甘肥。責家填門至。不知何用歸。天靈感至德。神女為秉機。歲月不安居。嗚呼我皇考。生我既已晚...

鼙舞歌五首~聖皇篇

『聖皇篇』聖皇應暦数  正康帝道休九州咸賓服  威徳洞八幽三公奏諸王  不得久淹留蕃位任至重  舊章咸属由侍臣省文奏  陛下体仁慈沈吟有愛戀  不忍聴可之迫有官典憲  不得顧恩私諸王当就国  璽綬何累紹便時舎外殿  宮省寂無人主上増顧念  皇母懐苦辛何以為贈賜  傾俯竭宝珍文銭百億万  采帛若煙雲乘舆服御物  錦羅與金銀龍旗垂九旒  羽蓋参班輪諸王自計念  無功荷厚徳思一効筋力  糜躯以報国鴻臚擁...

飛龍篇

飛龍篇晨游泰山,雲霧窈窕。忽逢二童,顔色鮮好。乘彼白鹿,手翳芝草。我知真人,長跪問道。西登玉台,金楼復道。授我仙薬,神皇所造。教我服食,還精補脳。寿同金石,永世難老。 早朝に泰山に登って遊覧した。なまめかしく雲の霧がかかっている、ふいに2人の仙童に出会った。童顔でとても元気がある。白い鹿に乗り、手には霊芝を持っている。まさしく仙界で修練を積んだ人であろう。恭しく跪いて彼らに教えを請うた。仙人は西の玉...

當事君行

人生有所貴尚,出門各異情。 朱紫更相奪色,雅鄭異音声。 好悪随所愛憎,追挙逐聲名。 百心可事一君,巧詐寧拙誠。人生にはそれぞれ尊ぶべき理想がある。それぞれ出自が違うのだからそれぞれの考えや思想がある。朱(善)と紫(悪)は互いに色を奪い合い混沌としている。(優雅な)雅楽と(淫靡とされる)鄭の音楽は音を異にする。自分に従うものを賛美し、従わない者の欠点をあげつらう。お互いに名声を追いかけているためだ。(魏志董昭伝...

仙人篇

仙人篇仙人攬六著,對博太山隅。湘娥拊琴瑟,秦女吹笙竽。玉樽盈桂酒,河伯獻神魚。四海一何局,九州安所如。韓終與王喬,要我於天衢。萬里不足歩,輕舉淩太虚。飛騰逾景雲,高風吹我軀。回駕觀紫微,與帝合靈符。閶闔正嵯峨,雙闕萬丈餘。玉樹扶道生,白虎夾門樞。驅風游四海,東過王母廬。俯觀五嶽間,人生如寄居。潛光養羽翼,進趣且徐徐。不見昔軒轅,升龍出鼎湖。徘徊九天下,與爾長相須攬:持つ。六著:博具 。竹でできてい...

左サイドMenu

プロフィール

珍珠晶素

Author:珍珠晶素
メールはこちら
tsaochih★hotmail.co.jp
★→@

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

応援中

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。