蓬の歌を聴きながら

曹植とその周辺の人々の作品です。素人解釈なので誤字脱字誤訳などお気づきの点はコメントいただけると嬉しいです。m(。・ω・。)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公讌

公子愛敬客,終宴不知疲。
清夜遊西園,飛蓋相追隨。
明月澄清景,列宿正參差。
秋蘭被長坂,朱華冒綠池。
潛魚躍清波,好鳥鳴高枝。
神飆接丹轂,輕輦隨風移。
飄颻放志意,千秋長若斯。

公讌…臣下が主君に呼ばれて行われる宴。曹丕主催の宴会に参加した時に読んだ。曹丕の『芙蓉池』に和して作られている。
古直、伊藤正文は建安16年ごろ、小守郁子は建安17年の作品と推定。
公子…諸侯の息子。ここでは曹丕を指す。
清夜…静かな夜。
西園…銅雀園。
飛蓋…車が軽快に進む。
蓋…車のおおい,日よけ。
列宿…星。
參差…星が不ぞろいにちりばめられている状態。
朱華…芙蓉。蓮の花。
冒…蓋う。
神飆…突風。強風。
接…吹き付ける。
丹轂…車輪。朱色に塗られていた。轂…車輪の中心の木。
飄颻…風にのってひらひらと動く。
放志意…自分の思いのままに。
千秋…千年。
斯…これ。この。

兄上は招待客を敬愛され、宴が終わるまで疲れをお見せにならない。
静かな夜は銅雀園に遊びに行かれ、兄上について車を軽快に飛ばしている。
月の光が明るく照り、星がちりばめられている。
蘭の花が坂の上に満開に咲き、蓮の花が池を覆っている。
池の底から魚が水しぶきをあげて躍り出て、鳥が高い枝で鳴いている。
風が車輪に吹き付けて、車が風にのって進んでいく。
気の赴くままに遊覧しよう、千年先もこのように過ごせたらいいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

珍珠晶素

Author:珍珠晶素
メールはこちら
tsaochih★hotmail.co.jp
★→@

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

応援中

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。